過敏症の中学生卒業 テレビ電話で授業、級友と心通わせ 京都

京都府京丹後市立丹後中の卒業式が14日あり、3年1組の馬場真澄さん(15)が級友とともに巣立った。化学物質過敏症でほとんど学校に通うことができなかったが、卒業までの数日間はテレビ電話を通し、自宅で級友と同じ授業を受けた。式後の最後のホームルーム(HR)では「友達がいることがうれしい。優しくしてくれてありがとう。みんなのことは心の中に大切にしまっておきます」と級友に感謝した。【塩田敏夫】 https://mainichi.jp/articles/20190315/k00/00m/040/045000c

mainichi.jp

30
7
2
0ETH
6
0
7
10日
>>5 頑張って欲しいですね。
6
10日
>>4 そうですね、ガスマスクみたいですからちょっと仰々しいですよね。 ただ、こういう病気を知らない人が多いみたいで、そちらの方の対応も大変みたいです。
5
10日
いいね!がんばれー👊😆🎵
4
10日
一応特別なマスクつければ外出は可能なんだな
3
10日
病?に負けず頑張る姿、素晴らしいね。 高校生になっても頑張れ〜!
2
10日
>>1 それ、僕も見ました。知らないだけで周りには結構いるのかもしれませんね。
1
10日
化学物質過敏症の人結構おられるみたいですね。先日TVで特集をやってましたが 大変そうでした。 これから花粉症みたいに増えていくのかな~