【オリジナル小説】全てがSNSで決まる世界の話①

「何?フォロワー50人のクズが学校なんか来て良いと思ってるわけ?」 今日も始まったか。 俺は窓からその光景を眺める。 この光景はいつも通りの日常的光景になりつつある気がする。 地球の環境崩壊によって生存可能地域が減少。人類は電脳技術を使って作り出した地球によく似た世界「電脳世界:New reality」への移住を計画し、実行に移した。 電脳世界では3つのルールが存在する。 ①法律や憲法、職業や寿命など全てにおいて地球と同じとする。 ②電脳世界の主力AIへのアクセスを禁止する。 そして3つ目。 ③電脳世界での身体の能力値はSNSのフォロワー数値によって変動し、フォロワー数の多さを全てにおいての権限とする。 この3つ目が今の世界を大きく歪ませた原因だ。 ルール自体はAIが算出した結論らしいが、理由などは公表されていない。 その結果、今もこうしてフォロワー数によるいじめや暴力沙汰が絶えない。 電脳世界でのSNSはNew realityの学習データに使われているらしい。 まさかルール③でSNSを活発化させて、学習データを多く集めようとしているのか……などと考えたこともあったが、もう考えるのはやめた。 「いや、その……ぼくはただ…がっこうに…」 「あぁ?声が小さくてよく聞こえねぇよ!」 「ぼく、ぼくは…」 1人の男子生徒は今にでも泣きそうな顔をしている。 まぁ、そうなるだろ。 俺だったら絶対に逃げ出すところだ。 「ちょっと、邪魔だからどいてくれないかしら?」 1人の女子生徒が不良2人と男子生徒の中に割って入ってきた。 見ない顔だな…というかアイツ、正気か? あの不良2人は学校の教師でも止められない名の知れた不良だ。 今までに30人以上を病院送りにしている。 アイツらに自分から絡みに行くやつなんてバカな奴しかいない。 「あぁ?誰に口聞いてんだ?」 「よく見たらかわいいじゃんっ。ね、俺の彼女になってよ……なんてな」 ガハハハハッ という笑い声が響きわたった…数秒後には笑い声は聞こえなくなっていた。 衝撃的な光景に、俺は窓から身を乗り出した。 その女子生徒は不良二人の腹部を殴っただけで、不良二人を気絶させたのだ。 不良二人のフォロワー数は合計3000人。 つまり、彼女のフォロワー数は3000人以上ということだ。 この学校の生徒のフォロワー数平均は500人前後であり、3000人というのは校内上位に相当する。 俺が放心と見ていると彼女と目があった。 俺は寒気を感じ、窓から身を引いた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー あとがき 店主…というかここでは「不破コウ」ですかね。 主レスと各小説投稿サイト(>>2)にて、続きを投稿中です! 不定期更新ですが、よろしくお願いします! また、タイトルなんですが、正式には 「全てがSNSで決まるバカみたいな世界の話」 に決定しました!!
118
19
4
0ETH
5
19
8日
>>16 うわ〜、これ絶対次のターゲットになるやつ! いじめを防げるのはいじめっ子より強いやつだけなんだよーーー
18
9日
3話更新されとる!
17
9日
遅れてすいません!レスに3話を投稿しました!
16
9日
3話:桜川千歳の話①  私は小さい頃から、正義のヒーローに憧れていた。  それと同時に、ヒーローは現実にいないことも知っていた。  私が憧れていたのは、そのヒーローの志である。  助けを求められれば駆けつける。  悪を許さない。  そんな志に私は惹かれていたのだ。    これは、そんな私が高校生に入り、初めての夏休みまで一か月を切ったあの日の話だ。 ____________________________________________________________________  「ちーとせっ!夏休みひま?ひまでしょ!」  「暇…と言えば暇かなぁー」  私の幼馴染の桃花は、いつものように私の背後に肩を掴んでくる。  小さい頃から私は、夏休みの大半を桃花と一緒に過ごしている。  ……そう言えるくらい、いつも一緒だ。  「どこ行く?どこ行く?海?山?」  「今年は」  私が応えようとすると、後ろの方が騒がしくなり、そちらに身体を向ける。  そこでは、いつものようにターゲットとされた女の子が、金を巻き上げられていた。  いつ見ても慣れない光景だ。  「お願いだから、お財布は返してください……」  「うん、私たちのジュース代もらったら返すわ……ってこんだけしかないの?」  「…昨日も取られたから」  「取った?人聞きの悪いこと言わないでよ~。フォロワー少ないあなたからもらってあげてるだけだし~」  私は、なぜか胸が苦しくなった。  何も出来ずに見ているだけの自分が許せなかった。  何も無かったかのようにふるまってきたいままでの自分に苛立ちをも覚えた。    「見ちゃダメだよ、千歳。触らぬ…なんとかに災い無しだよ!」  「触らぬ神に祟り無し?」  「そう、それ!」  確かに。  このまま見ないふりを続ければ、私がターゲットにされる心配は無い。  私のフォロワー数は若干ではあるが、彼女達よりも多いからだ。  そうだ。  見ないふりをすればいいんだ。  ……自分にそう言い聞かせていた時、ふと思い出した。  ヒーローは悪を許さない。  そして。  「もう嫌だ!…ねぇ!みんな見ないふりしないで……誰か助けてよ」  助けを求められたら駆けつける。  「嫌がっているじゃないですか。お財布とお金、返してあげてください」  この一言で、私の平凡な学園生活は突然、終わりを遂げた。
15
14日
>>13 楽しみにしてるよー
14
14日
続きはよ!楽しみにしてるよ。
13
14日
>>12 すいません!もう少しお待ちください! 3話の話と4話の話を入れ替えようと思って書き直し中で…
12
15日
3話まだやったか。
11
15日
支援
10
16日
>>9 お気に入りしときました!投稿楽しみにしときます!
9
16日
>>8 今日、3話を公開する予定です。 ethboardで先行公開し、小説サイトで夜に投稿します。 不定期更新ですので、良ければお気に入り登録をしていただけると嬉しいです!
8
16日
続きが気になるスレ発見!
7
16日
>>5 3話で詰まったので絵を描いたんですよ。 見栄えが良くなりました笑
6
16日
>>4 おもろいよぉ。続き気になる。 ルールに反対してはいけない世界なのかな。
5
16日
絵もあって本格的だな!
4
16日
2話 正義感の強い女の子の話 学校のチャイムと共に、今日の長かった一日が終わった。 そんな気がした。 教室を見渡すと、安堵する者、震えている者、ターゲットに攻撃する者、ターゲットになる者がいた。 ターゲットというのは「いじめの標的」という意味だ。 この世界でのあのルールが適応され続ける限り、このような空気は無くならないであろう。 「あのさ~、私達~、今日ノート写し忘れちゃってさぁ。だからノート、借りてくから~」 「き、昨日貸したノート…は?」 「え?あれくれたんじゃないの?ないわー」 桜川千歳、フォロワー数503人。 フォロワー数から見ると平均的で、ターゲットになるとは考えられない。 だが、正義感が強く、以前のターゲットを助けた結果、ターゲットを自分にされちまったらしい。 運が悪かったとしか言えないだろうな。 桜川の周りにいた奴らは帰り、いつの間にか、教室には俺と桜川の二人だけになっていた。 正直、気まずい。 俺は桜川が教室から出ていくのを待っていたのだが、彼女は全く動こうとはしなかった。 俺が先に出て行くべきなのだろうか。 しかし、それでは他の連中と同じことをすることになる。 いじめを誰も止めず、見なかったフリ。 そんなことをする連中と同じだとは思われたくは無い。 思われたくは無いが、関わりたく無いのもまた事実だ。 そんなことを考えていると、桜川は席を立ち上がり、教室から足早に出て行った。 正義とは、時に残酷だ。 正義は必ず勝つというが、現実は違う。 正義は孤独であり、悪よりも儚く弱い存在だ。 それを俺は、桜川の姿を見て、改めて理解した。 こんな世界のルールなんて 「無くなってしまえばいいのに」 っ!! 思わず声に出ていたことに気がつき、辺りを見渡すが、当然誰もいない。 俺は席を立ち上がり、教室のドアに手をかける。 すると、外から誰かが走り去る音が聞こえた。 ドアを開けて確認するが、誰もいない。 ……気のせいなのか? 俺はちょっとした疑問を残したまま、教室を後にした。
3
81日
>>2 やったーーー!! 嬉しい! 投稿してくれたら絶対読むーー!
1
81日
埋もれた良スレを発掘してしまった! 続きを読みたい。 このスレに続きを書いてくれると嬉しい